研修体験記

綾菊酒造㈱ 酒蔵研修

2012年2月9日~2月11日

レポーター:営業職 男性
(※所属部署は研修時のものです。)

香川県の風土と日本酒の良さに触れて
今回、私は綾菊酒造㈱の研修に参加させていただき、日本酒の良さや香川県の風土に触れることができました。
貴重な経験ができたことに感謝しております。
今回の研修を通じ、部分的にしか把握していなかった日本酒の造り方を一から丁寧にご説明いただき、再度、日本酒造りを学ぶことができました。
綾菊酒造㈱では地元のお米である「オオセト」を使用しているため、通常の日本酒造りとは違う製法を学ぶことができました。
仲仕事の時に、通常は蒸米を34°~36°にしますが、綾菊酒造㈱では39°に温度管理し、仕舞仕事の時は43°にするようです。

 
蒸米の様子

瓶詰め工程




また、麹の造り方が他とは違うので加湿器を使用します。
「オオセト」の良さを引き出すために、様々な研究を重ねたのだと感じました。

きき酒の様子


さらに、特に印象に残ったのが、蔵開きを見学させていただいたことでした。
地元の方々はもちろん、観光客がバスで訪れ、甘酒を振舞われたり、利き酒や酒蔵見学をされている姿を見て、消費者に興味を持っていただくことの重要性を痛感しました。
 
蔵開きの様子
蔵開きで振舞われた猪鍋


今回の研修に参加させていただき、日本酒の製造方法や実際に酒蔵が消費者へ訴求する様子を目にすることができたことは、私にとって非常に有意義なことであり、今後の営業活動に生かしていきたいと思います。