白神山地の四季

白神山地の四季

軽快で爽やかな秋田の銘酒

「特別純米酒 白神山地の四季」は、世界遺産である白神山系の水を贅沢に使用した純米酒です。
優れた技能の山内杜氏により、低温長期の醗酵でじっくり仕込み、901号酵母の生みだすふくらみのある味、白神山系の仕込み水によるすっきりとした飲み口が特徴です。
1996年の発売以降、食事を引き立たせるお酒として好評を博し、ロングセラーとなっております。
現在では上記特別純米酒の他に、酒造好適米「美山錦」を100%使用した「美山錦 純米酒 白神山地の四季」、タンクごと雪中に埋め、じっくりと低温で熟成させた「純米酒 雪中貯蔵 白神山地の四季」等、ラインナップの拡充を図っております。
 
 

作り手紹介-八重寿銘醸株式会社について

清酒「八重寿」は、秋田の酒を東京市場で販売する目的で、日本酒類販売株式会社の提唱により、昭和25年に県内の酒造蔵10社の統一銘柄として誕生しました。
出荷量は順調に推移し、昭和39年、首都圏に向けての清酒の安定供給を目指し、大仙市(旧大曲市)に、県内酒造蔵8社と日本酒類販売株式会社の共同出資により、八重寿銘醸株式会社が設立されました。
大仙市は秋田の穀倉地である仙北平野の中心地で、上質の米、豊かな水に恵まれた地域です。また近隣には優れた酒造り集団の山内杜氏も控えております。「低温長期醗酵」の技を駆使する彼らに支えられ、「八重寿」の酒質は「淡麗で旨口」を持味としています。