本音の座談会1本音の座談会1

日酒販は、こんな「ひと」たちでできています。

日酒販は「人」がいいと、よく言われます。でも、社内にいると、その感覚をなかなか実感することができません。
社員にとって、あまりに当たり前のことだから。それならばと、世代を超えたメンバーを集めて、本音で自由に語りあってもらうことにしました。すると、ここには書けないような、お酒の失敗談まで飛び出して・・・。この座談会を通して、日酒販の「ひと」を少しでも感じてもらえたらうれしいです。
日酒販は「人」がいいと、よく言われます。でも、社内にいると、その感覚をなかなか実感することができません。
社員にとって、あまりに当たり前のことだから。...

続きを開く

日酒販は「人」がいいと、よく言われます。でも、社内にいると、その感覚をなかなか実感することができません。
社員にとって、あまりに当たり前のことだから。それならばと、世代を超えたメンバーを集めて、本音で自由に語りあってもらうことにしました。すると、ここには書けないような、お酒の失敗談まで飛び出して・・・。この座談会を通して、日酒販の「ひと」を少しでも感じてもらえたらうれしいです。

本音の座談会3本音の座談会3

先輩の所作を見て成長する

T 今日は、本社より埼玉支店のメンバーで、日酒販のリアルな日常を話して欲しいという依頼がありましたので、若手と中堅を代表してRさんとIさんに集まってもらいました。

I&R よろしくお願いします。

I とはいっても、こうやって改まって話をすると、緊張しますね。

T Rくんが埼玉支店に異動してきたのは、昨年の3月でしたね。私が5月だから、Rくんのほうが2か月先輩。いまでも頭が上がらないんですよ(笑)

R いきなり冗談は、やめてくださいよ、Tさん。ホームページは、同期もみんな見ているので、飲み会のときに冷やかされるんですから。

I そういえば、Rくんと最初に会ったのは、支店の営業マン全員が集まる新年会だったよね。Rくんは、都内の支店配属の新人なのに、なぜか埼玉支店のメンバーに混じって飲んでいた(笑)

先輩の所作を見て成長する

T 今日は、本社より埼玉支店のメンバーで、日酒販のリアルな日常を話して欲しいという依頼がありましたので、若手と中堅を代表してRさんとIさんに集まってもらいました...

続きを開く

T 今日は、本社より埼玉支店のメンバーで、日酒販のリアルな日常を話して欲しいという依頼がありましたので、若手と中堅を代表してRさんとIさんに集まってもらいました。

I&R よろしくお願いします。

I とはいっても、こうやって改まって話をすると、緊張しますね。

T Rくんが埼玉支店に異動してきたのは、昨年の3月でしたね。私が5月だから、Rくんのほうが2か月先輩。いまでも頭が上がらないんですよ(笑)

R いきなり冗談は、やめてくださいよ、Tさん。ホームページは、同期もみんな見ているので、飲み会のときに冷やかされるんですから。

I そういえば、Rくんと最初に会ったのは、支店の営業マン全員が集まる新年会だったよね。Rくんは、都内の支店配属の新人なのに、なぜか埼玉支店のメンバーに混じって飲んでいた(笑)

本音の座談会4本音の座談会4

R 日酒販は、本社や支社間の壁みたいなものがあまりないから、どこへいってもウェルカムで迎えてくれるんですよ。私は埼玉県の出身なので、いつか埼玉支店に異動できたらと思っていたんです。だから、みなさんとできるだけ顔見知りになっておこうと思って・・・。

T その時のRさんは、どんな印象でした?

I ずいぶん生意気で、だらしないやつだなぁと思いました(笑)

R それは、酔っ払っていたからですよ(笑)新人時代は、まだ酒席のマナーもよくわからずに、自分のペースで飲んでしまっていたんです。でもお客さまの接待などで、先輩の所作を見ていると、気配りが行き届いていて、素敵だなと思うようになって、少しずつ真似するようになりました。

T Rくんには、私が本社で採用担当をしていた時に手伝ってもらったことがあります。まわりへの気配りもできて、成長したなぁと感じた記憶がありますね。

I 前部署で鍛えられたのでしょうね。3年半で見違えるくらい立派になって。いまでは、私のほうが叱られています。(笑)

R Iさんまで・・・。
R 日酒販は、本社や支社間の壁みたいなものがあまりないから、どこへいってもウェルカムで迎えてくれるんですよ。私は埼玉県の出身なので、いつか埼玉支店に異動できたら...

続きを開く

R 日酒販は、本社や支社間の壁みたいなものがあまりないから、どこへいってもウェルカムで迎えてくれるんですよ。私は埼玉県の出身なので、いつか埼玉支店に異動できたらと思っていたんです。だから、みなさんとできるだけ顔見知りになっておこうと思って・・・。

T その時のRさんは、どんな印象でした?

I ずいぶん生意気で、だらしないやつだなぁと思いました(笑)

R それは、酔っ払っていたからですよ(笑)新人時代は、まだ酒席のマナーもよくわからずに、自分のペースで飲んでしまっていたんです。でもお客さまの接待などで、先輩の所作を見ていると、気配りが行き届いていて、素敵だなと思うようになって、少しずつ真似するようになりました。

T Rくんには、私が本社で採用担当をしていた時に手伝ってもらったことがあります。まわりへの気配りもできて、成長したなぁと感じた記憶がありますね。

I 前部署で鍛えられたのでしょうね。3年半で見違えるくらい立派になって。いまでは、私のほうが叱られています。(笑)

R Iさんまで・・・。

本音の座談会5本音の座談会5

新人でも営業先では会社の代表

R 私は、埼玉支店ではいちばんの若手だし、お客様を担当している競合各社の営業マンの中でも、いちばん若い。でも、どんなに若くても、日酒販という会社を代表しているのだから、私が失礼なことをすると日酒販の看板を傷つけることになりますから。

T おぉ。それは素晴らしい心がけです。

R 埼玉支店に異動してきた時には、プレッシャーも感じていたんですよ。人間関係もよくて、働きやすい環境に異動してきたのに、自分がきてから売上が落ちたって言われたらどうしようと。

T 厳しいエリアを担当して、よく頑張っていますよ。数字はまだまだですが。

新人でも営業先では会社の代表

R 私は、埼玉支店ではいちばんの若手だし、お客様を担当している競合各社の営業マンの中でも、いちばん若い。でも、どんなに若くても、日酒販という会社を代表しているの...

続きを開く

R 私は、埼玉支店ではいちばんの若手だし、お客様を担当している競合各社の営業マンの中でも、いちばん若い。でも、どんなに若くても、日酒販という会社を代表しているのだから、私が失礼なことをすると日酒販の看板を傷つけることになりますから。

T おぉ。それは素晴らしい心がけです。

R 埼玉支店に異動してきた時には、プレッシャーも感じていたんですよ。人間関係もよくて、働きやすい環境に異動してきたのに、自分がきてから売上が落ちたって言われたらどうしようと。

T 厳しいエリアを担当して、よく頑張っていますよ。数字はまだまだですが。

本音の座談会6本音の座談会6

I やっぱり営業は、数字がすべてだから。でも、埼玉に来てまだ半年だから。お客さまの懐に入っていくのにも時間がかかるだろうしね。これからですよ。

R 日酒販に入社して感じたことがあるのですが、テレビドラマみたいに、売上のグラフをはりだして、社員間で競争させる、というようなスパルタな営業じゃないですよね。

T それは、日酒販の社風かもしれませんね。もちろん営業なので、売上目標達成は必須だし、厳しいことを言ったりもしますよ。ただ、仕事の進め方や数字は個人個人が責任をもってもらえれば良いし、尊重したい。
I やっぱり営業は、数字がすべてだから。でも、埼玉に来てまだ半年だから。お客さまの懐に入っていくのにも時間がかかるだろうしね。これからですよ。 R 日酒販に入...

続きを開く

I やっぱり営業は、数字がすべてだから。でも、埼玉に来てまだ半年だから。お客さまの懐に入っていくのにも時間がかかるだろうしね。これからですよ。

R 日酒販に入社して感じたことがあるのですが、テレビドラマみたいに、売上のグラフをはりだして、社員間で競争させる、というようなスパルタな営業じゃないですよね。

T それは、日酒販の社風かもしれませんね。もちろん営業なので、売上目標達成は必須だし、厳しいことを言ったりもしますよ。ただ、仕事の進め方や数字は個人個人が責任をもってもらえれば良いし、尊重したい。

本音の座談会7本音の座談会7

人間関係づくりも営業の面白さ

R 酒販店様でも料飲店様でも、お客様はみんな遥か年上の社長さんばかり。この年齢で、そんな方々と直接仕事ができる機会はなかなかないと思うんです。顔を見て話をすると、お客さまの考えていることもわかってくるし、細かなところまでケアできるようになります。

T 10年近く先輩のアシスタントをやってからでないと、得意先を持たせてもらえないような会社もあると聞きますが、日酒販の場合は、営業マンの独り立ちが早いんですね。新人研修が終わったら、すぐ現場に投入されます。いきなり、年上のライバルたちと競い合うんですから鍛えられますよね。若い時から一人前扱いしてくれる会社だから、Rさんのように成長意欲のある若者には、いい環境だと思います。

人間関係づくりも営業の面白さ

R 酒販店様でも料飲店様でも、お客様はみんな遥か年上の社長さんばかり。この年齢で、そんな方々と直接仕事ができる機会はなかなかないと思うんです。顔を見て話をすると...

続きを開く

R 酒販店様でも料飲店様でも、お客様はみんな遥か年上の社長さんばかり。この年齢で、そんな方々と直接仕事ができる機会はなかなかないと思うんです。顔を見て話をすると、お客さまの考えていることもわかってくるし、細かなところまでケアできるようになります。

T 10年近く先輩のアシスタントをやってからでないと、得意先を持たせてもらえないような会社もあると聞きますが、日酒販の場合は、営業マンの独り立ちが早いんですね。新人研修が終わったら、すぐ現場に投入されます。いきなり、年上のライバルたちと競い合うんですから鍛えられますよね。若い時から一人前扱いしてくれる会社だから、Rさんのように成長意欲のある若者には、いい環境だと思います。

本音の座談会8本音の座談会8

I 私も独り立ち初日は、どうしていいかわからず、同期とふたりで課長に相談に行きました。新入社員をいきなり即戦力として使うのですから、上司はドキドキだと思います。「新人は失敗して成長する。失敗のないところに成長はない」という考え方が日酒販の伝統かもしれませんね。

R そうなんですよね。失敗しても、先輩たちみんながフォローしてくれるから心強いんです。思い切って仕事ができる。へばった顔をしていると、すぐに先輩が声をかけてくれて、飲みに連れて行ってくれる。お酒が入ると、悩みも相談しやすいんですよね。

I お客様にとっても、いきなり新人がくるわけですから、どう相手していいのかわからないでしょう。お酒のことに関しては、知識も経験もお客様のほうがずっと上。研修を受けてから送り出されると言っても、まだ素人のようなものですから。とにかく若手の時は、お客様に教えてもらう。このお酒はどうやって飲むのが美味しいかとか、どんなツマミがいいかとか。本当にお酒が好きなんだとわかってくると、少しずつ心を開いてくれます。そういう人間関係づくりも、営業という仕事のおもしろさです。

R 日酒販の営業マンは、お客様に育ててもらっているんですね。
I 私も独り立ち初日は、どうしていいかわからず、同期とふたりで課長に相談に行きました。新入社員をいきなり即戦力として使うのですから、上司はドキドキだと思います。...

続きを開く

I 私も独り立ち初日は、どうしていいかわからず、同期とふたりで課長に相談に行きました。新入社員をいきなり即戦力として使うのですから、上司はドキドキだと思います。「新人は失敗して成長する。失敗のないところに成長はない」という考え方が日酒販の伝統かもしれませんね。

R そうなんですよね。失敗しても、先輩たちみんながフォローしてくれるから心強いんです。思い切って仕事ができる。へばった顔をしていると、すぐに先輩が声をかけてくれて、飲みに連れて行ってくれる。お酒が入ると、悩みも相談しやすいんですよね。

I お客様にとっても、いきなり新人がくるわけですから、どう相手していいのかわからないでしょう。お酒のことに関しては、知識も経験もお客様のほうがずっと上。研修を受けてから送り出されると言っても、まだ素人のようなものですから。とにかく若手の時は、お客様に教えてもらう。このお酒はどうやって飲むのが美味しいかとか、どんなツマミがいいかとか。本当にお酒が好きなんだとわかってくると、少しずつ心を開いてくれます。そういう人間関係づくりも、営業という仕事のおもしろさです。

R 日酒販の営業マンは、お客様に育ててもらっているんですね。

本音の座談会9本音の座談会9

入社試験の直前に○○○が!?

R Iさんは、何が決め手で日酒販に入社したんですか?

I 私の時は就職氷河期で、とにかく潜り込めればどこでもいいや、という感じで20〜30社くらい説明会をはしごしました。でも面接を受けたのは、日酒販だけなんです。学生時代に遊びすぎたせいもあるのでしょうが、社会のことも企業のこともよくわからない。では、どうやって判断するか。自分なりに考えたんです。そこで出した結論が「いっしょに働きたいと思える先輩がいる企業を受けよう」だったんです。

T なるほど。人がいいというのは、日酒販の特長かもしれませんね。

R 私は、最初から酒か肉に関わる仕事がしたいと絞り込んでいました。日酒販の入社試験を受けて驚いたのは、いきなり筆記テストだったんです。

入社試験の直前に○○○が!?

R Iさんは、何が決め手で日酒販に入社したんですか? I 私の時は就職氷河期で、とにかく潜り込めればどこでもいいや、という感じで20〜30社くらい説明会をはし...

続きを開く

R Iさんは、何が決め手で日酒販に入社したんですか?

I 私の時は就職氷河期で、とにかく潜り込めればどこでもいいや、という感じで20〜30社くらい説明会をはしごしました。でも面接を受けたのは、日酒販だけなんです。学生時代に遊びすぎたせいもあるのでしょうが、社会のことも企業のこともよくわからない。では、どうやって判断するか。自分なりに考えたんです。そこで出した結論が「いっしょに働きたいと思える先輩がいる企業を受けよう」だったんです。

T なるほど。人がいいというのは、日酒販の特長かもしれませんね。

R 私は、最初から酒か肉に関わる仕事がしたいと絞り込んでいました。日酒販の入社試験を受けて驚いたのは、いきなり筆記テストだったんです。

本音の座談会10本音の座談会10

T 別に驚くことではないと思うけれど。

R テストに驚いたわけじゃなく、その前に試飲会があったんです。なんていい会社なんだろうと(笑)

T 試飲会は、日酒販はこんな商品を扱っている会社ですよということをわかってもらおうと、数年前に始めたんです。私の時代も、入社試験は夏の暑い時期でした。びっしょり汗をかいて会場に入ると、よく冷えた紙パックのドリンクを出してくれたんです。ジュースかと思ってぐいっと飲んだら、、、まぁ、そういうユーモアのある会社であることは間違いないですね。
T 別に驚くことではないと思うけれど。 R テストに驚いたわけじゃなく、その前に試飲会があったんです。なんていい会社なんだろうと(笑) T 試飲会は、日酒販...

続きを開く

T 別に驚くことではないと思うけれど。

R テストに驚いたわけじゃなく、その前に試飲会があったんです。なんていい会社なんだろうと(笑)

T 試飲会は、日酒販はこんな商品を扱っている会社ですよということをわかってもらおうと、数年前に始めたんです。私の時代も、入社試験は夏の暑い時期でした。びっしょり汗をかいて会場に入ると、よく冷えた紙パックのドリンクを出してくれたんです。ジュースかと思ってぐいっと飲んだら、、、まぁ、そういうユーモアのある会社であることは間違いないですね。

本音の座談会11本音の座談会11

就活期間は色々な会社を知るチャンス

R 日酒販に入社してよかったなと思うのは、どんなことですか?

I やっぱりお酒の会社に勤めているから、友だちに美味しいお酒を紹介したり、新しいお酒の飲み方を教えたりできることですね。

R 私もオフの日は、自社の商品だけではなく、様々な商品の知識を仕入れたくて、いろんな居酒屋を巡るようにしています。とくに上野や赤羽あたりでは、かなりの店をチェックしました。この間も、友だちから「赤羽でいい店知らない?」と聞かれたのですが、5〜6軒くらいはすぐに名前が出てきます。居酒屋のことならRに聞け、みたいなイメージを持ってもらえているのが、うれしいですね。

T なんか飲んでばかりの会社のように思われますね(笑)

就活期間は色々な会社を知るチャンス

R 日酒販に入社してよかったなと思うのは、どんなことですか? I やっぱりお酒の会社に勤めているから、友だちに美味しいお酒を紹介したり、新しいお酒の飲み方を教...

続きを開く

R 日酒販に入社してよかったなと思うのは、どんなことですか?

I やっぱりお酒の会社に勤めているから、友だちに美味しいお酒を紹介したり、新しいお酒の飲み方を教えたりできることですね。

R 私もオフの日は、自社の商品だけではなく、様々な商品の知識を仕入れたくて、いろんな居酒屋を巡るようにしています。とくに上野や赤羽あたりでは、かなりの店をチェックしました。この間も、友だちから「赤羽でいい店知らない?」と聞かれたのですが、5〜6軒くらいはすぐに名前が出てきます。居酒屋のことならRに聞け、みたいなイメージを持ってもらえているのが、うれしいですね。

T なんか飲んでばかりの会社のように思われますね(笑)

本音の座談会12本音の座談会12

R 実際、社内・社外ともに飲み会は多いですよね。

I 日酒販の基本は、飲みニケーション!お酒は人間関係の潤滑油です(笑)

R 学生時代は社会と接するチャンスがほとんどありません。業界研究と言っても何を研究していいのかすらわからない。就活の頃のことを思い出すと、不安ばかりでした。
最後に、営業の現場だけではなく採用の仕事も経験してきたTさんから、就活中の学生さんにアドバイスがあったらお願いします。

T 「就職=人生を決める重要なこと」と自分にプレッシャーをかけ過ぎるとたいへんだから、最初は難しく考えない方がいいと思います。就活の初期段階では、あまり業界を絞らずに、いろんな会社を見て回るといいと思います。自分の足で会社を訪ねて、直に社員と会って話してみると、なんとなく感じるものがあると思うんですね。そうやって、すこしずつ絞り込んでいってもいいのかなと思います。就活期間は、社会を知り企業を知り、仕事を知る最大のチャンスなんですね。
R 実際、社内・社外ともに飲み会は多いですよね。 I 日酒販の基本は、飲みニケーション!お酒は人間関係の潤滑油です(笑) R 学生時代は社会と接するチャンス...

続きを開く

R 実際、社内・社外ともに飲み会は多いですよね。

I 日酒販の基本は、飲みニケーション!お酒は人間関係の潤滑油です(笑)

R 学生時代は社会と接するチャンスがほとんどありません。業界研究と言っても何を研究していいのかすらわからない。就活の頃のことを思い出すと、不安ばかりでした。
最後に、営業の現場だけではなく採用の仕事も経験してきたTさんから、就活中の学生さんにアドバイスがあったらお願いします。

T 「就職=人生を決める重要なこと」と自分にプレッシャーをかけ過ぎるとたいへんだから、最初は難しく考えない方がいいと思います。就活の初期段階では、あまり業界を絞らずに、いろんな会社を見て回るといいと思います。自分の足で会社を訪ねて、直に社員と会って話してみると、なんとなく感じるものがあると思うんですね。そうやって、すこしずつ絞り込んでいってもいいのかなと思います。就活期間は、社会を知り企業を知り、仕事を知る最大のチャンスなんですね。