先輩社員3-1先輩社員3-1

商品を最適な状態で届けることが私の役割

私は新入社員研修を経て、受発注部門に配属になり、食品の発注業務を担当しました。
その後、支店に異動となり、約2年間営業の仕事を担当。現在所属している部署は、輸入・輸出業務および輸入商品(エージェント商品)の国内での販促活動を担う部署で、ワインやウイスキー・リキュール、約500アイテムを取り扱っています。
その中で私は貿易部門の輸入チームに所属しています。海外から商品が入ってくると倉庫に格納されます。
そこから全国の営業拠点やスーパー、酒販店などお客様の元に配送されるわけですが、私は庫内管理を含めた国内ロジステック(物流)を担当しています。破損などのミスなく、納期通りに商品を届けるための運営・管理をすることが私の役割。また当社は東京・八重洲に直営のワインショップを有しており、その販促のための企画・立案、施策の運営も担っています。
私は新入社員研修を経て、受発注部門に配属になり、食品の発注業務を担当しました。
その後、支店に異動となり、約2年間営業の仕事を担当。現在所属している部...

続きを開く

私は新入社員研修を経て、受発注部門に配属になり、食品の発注業務を担当しました。
その後、支店に異動となり、約2年間営業の仕事を担当。現在所属している部署は、輸入・輸出業務および輸入商品(エージェント商品)の国内での販促活動を担う部署で、ワインやウイスキー・リキュール、約500アイテムを取り扱っています。
その中で私は貿易部門の輸入チームに所属しています。海外から商品が入ってくると倉庫に格納されます。
そこから全国の営業拠点やスーパー、酒販店などお客様の元に配送されるわけですが、私は庫内管理を含めた国内ロジステック(物流)を担当しています。破損などのミスなく、納期通りに商品を届けるための運営・管理をすることが私の役割。また当社は東京・八重洲に直営のワインショップを有しており、その販促のための企画・立案、施策の運営も担っています。

先輩社員3-2先輩社員3-2

ミスなく届けることが
当たり前の中での「やりがい」

年末など物量が多くなると、私たちの部署は一気に忙しくなります。一日約4000ケース、これらの商品を全国200ヵ所の拠点・得意先へ届けなければなりません。
しかも私たちの仕事というのは、ミスなく納期通りに届けるのが当たり前。
その当たり前を実現するには、前もって物量の予測をたて、想定外のことを排除していかなければなりません。一つひとつ想定されるリスクを潰していく地道な作業であり、常に流通しているものですから、特別に大きなことを成し遂げるという性格の仕事ではありません。

それでも、最繁忙期である年末最終日、商品を届け終わったとき、今年1年無事に終わったという感慨、達成感は毎年感じます。それがこの仕事のやりがいです。

ミスなく届けることが
当たり前の中での「やりがい」

年末など物量が多くなると、私たちの部署は一気に忙しくなります。一日約4000ケース、これらの商品を全国200ヵ所の拠点・得意先へ届けなければなりません。 しかも...

続きを開く

年末など物量が多くなると、私たちの部署は一気に忙しくなります。一日約4000ケース、これらの商品を全国200ヵ所の拠点・得意先へ届けなければなりません。
しかも私たちの仕事というのは、ミスなく納期通りに届けるのが当たり前。
その当たり前を実現するには、前もって物量の予測をたて、想定外のことを排除していかなければなりません。一つひとつ想定されるリスクを潰していく地道な作業であり、常に流通しているものですから、特別に大きなことを成し遂げるという性格の仕事ではありません。

それでも、最繁忙期である年末最終日、商品を届け終わったとき、今年1年無事に終わったという感慨、達成感は毎年感じます。それがこの仕事のやりがいです。

先輩社員3-3先輩社員3-3

より円滑な倉庫運営を目指して

私の仕事は、単に商品を届ければ良いというものではありません。適切に商品を配送するために最も重要なのは、倉庫の管理運営です。いかに効率的に倉庫を運営するか、それが配送品質に大きく影響します。

様々な取り組みを進めていますが、中でも発注の仕組みを変えたことは、インパクトが大きかったと感じています。現場の受発注部門からの商品発注の依頼は、基本はデータで届きますが、発注締め切り時間に間に合わなかったものは紙ベースでの発注でした。紙でのやり取りは非常に煩雑で負荷がかかります。
この紙ベースでのやり取りを排除しデータ化する仕組みを導入しました。

これによって、より円滑な倉庫運営が実現できたと思っています。現在は、倉庫スタッフの勤務時間の短縮化がテーマ。彼らの負荷低減で倉庫運営の品質を高めたいと思っています。

より円滑な倉庫運営を目指して

私の仕事は、単に商品を届ければ良いというものではありません。適切に商品を配送するために最も重要なのは、倉庫の管理運営です。いかに効率的に倉庫を運営するか、それが...

続きを開く

私の仕事は、単に商品を届ければ良いというものではありません。適切に商品を配送するために最も重要なのは、倉庫の管理運営です。いかに効率的に倉庫を運営するか、それが配送品質に大きく影響します。

様々な取り組みを進めていますが、中でも発注の仕組みを変えたことは、インパクトが大きかったと感じています。現場の受発注部門からの商品発注の依頼は、基本はデータで届きますが、発注締め切り時間に間に合わなかったものは紙ベースでの発注でした。紙でのやり取りは非常に煩雑で負荷がかかります。
この紙ベースでのやり取りを排除しデータ化する仕組みを導入しました。

これによって、より円滑な倉庫運営が実現できたと思っています。現在は、倉庫スタッフの勤務時間の短縮化がテーマ。彼らの負荷低減で倉庫運営の品質を高めたいと思っています。

先輩社員3-4先輩社員3-4

より高い
「コミュニケーションスキル」が必要

コミュニケーションスキルは常に伸ばしたいと思っています。通常は本社で仕事をしていますが、倉庫に出向くことも少なくありません。
倉庫のスタッフと話す中で、彼らを理解し、その意見を取り入れ、また私の考えを発信し理解してもらうためには、より高いコミュニケーションスキルの必要性を感じています。

さらに、ワインショップの販促にも関わっているので、多くの人に訴求できる効果的な広告を生み出す発想力、アイデアを身に付けたいと考えています。直接今の仕事に関わりはありませんが、輸入の業務に関わっている以上、やはり語学スキルは伸ばしたいと思っています。

より高い
「コミュニケーションスキル」が必要

コミュニケーションスキルは常に伸ばしたいと思っています。通常は本社で仕事をしていますが、倉庫に出向くことも少なくありません。 倉庫のスタッフと話す中で、彼らを理...

続きを開く

コミュニケーションスキルは常に伸ばしたいと思っています。通常は本社で仕事をしていますが、倉庫に出向くことも少なくありません。
倉庫のスタッフと話す中で、彼らを理解し、その意見を取り入れ、また私の考えを発信し理解してもらうためには、より高いコミュニケーションスキルの必要性を感じています。

さらに、ワインショップの販促にも関わっているので、多くの人に訴求できる効果的な広告を生み出す発想力、アイデアを身に付けたいと考えています。直接今の仕事に関わりはありませんが、輸入の業務に関わっている以上、やはり語学スキルは伸ばしたいと思っています。

先輩社員3-5先輩社員3-5

「人の良さ」ではどこにも負けない!

私のいる部署は約30名で構成されており、その約半分が貿易部門のスタッフ。メンバーは20代から30代が中心です。

職場の雰囲気は一言でいえば、和気あいあいとしています。いつも明るく楽しい雰囲気があるのは、楽しいことが好きな人が多いから。

仕事をしていればいろいろなことがありますが、私の部署も含め当社は「人の良さ」では、どこにも負けない!と感じています。

また、上司や先輩に物おじせず、臆することなく意見や自分の考えを言えますし、それを受け入れてくれる環境です。

「人の良さ」ではどこにも負けない!

私のいる部署は約30名で構成されており、その約半分が貿易部門のスタッフ。メンバーは20代から30代が中心です。 職場の雰囲気は一言でいえば、和気あいあいとして...

続きを開く

私のいる部署は約30名で構成されており、その約半分が貿易部門のスタッフ。メンバーは20代から30代が中心です。

職場の雰囲気は一言でいえば、和気あいあいとしています。いつも明るく楽しい雰囲気があるのは、楽しいことが好きな人が多いから。

仕事をしていればいろいろなことがありますが、私の部署も含め当社は「人の良さ」では、どこにも負けない!と感じています。

また、上司や先輩に物おじせず、臆することなく意見や自分の考えを言えますし、それを受け入れてくれる環境です。

先輩社員3-6 負けん気

私にとっての大切な言葉私にとっての大切な言葉

「負けん気」

先輩社員3-6 負けん気

かつて、支店で営業を担当していたとき、上司から言われた言葉です。

営業の仕事は常に目標とする数字がありますが、私はあきらめてしまうことが多く、そんな私を見て上司は「負けるな!負けるな!」と励ましてくれたのだと思います。

それは競合する卸に負けないことであり、そして自分に負けないこと。以来「負けん気」を持って、仕事に取り組んでいます。
かつて、支店で営業を担当していたとき、上司から言われた言葉です。

営業の仕事は常に目標とする数字がありますが、私はあきらめてしまうことが多...

続きを開く

かつて、支店で営業を担当していたとき、上司から言われた言葉です。

営業の仕事は常に目標とする数字がありますが、私はあきらめてしまうことが多く、そんな私を見て上司は「負けるな!負けるな!」と励ましてくれたのだと思います。

それは競合する卸に負けないことであり、そして自分に負けないこと。以来「負けん気」を持って、仕事に取り組んでいます。

オレンジワインというのをご存知でしょうか。通常白ワインは白ブドウの果汁を発酵させて造りますが、オレンジワインは白ブドウを丸ごと発酵させて造るもので、白ワインより苦みや渋み、旨味がある味わいです。このオレンジワインと「海苔の佃煮」は最高の組み合わせ。「海苔の佃煮」は調味されているものでなく自然由来のあっさりしたものがおすすめです。ぜひ、お試し下さい!

オレンジワインというのをご存知でしょうか。通常白ワインは白ブドウの果汁を発酵させて造りますが、オレンジワインは白ブドウを丸ごと発酵させて造るもので、白ワインより苦みや渋み、旨味がある味わいです。このオレンジワインと「のりの佃煮」は最高の組み合わせ。「のりの佃煮」は調味されているものでなく自然由来のあっさりしたものがおすすめです。ぜひ、お試し下さい!